土壌硬化剤,水,OEMミネラルウォーター,骨材不要,工期短縮,経費削減,宣伝販促,貿易,セメント,陶器,漆器,漆,瀬戸物,雑貨,漆陶,陶漆,九谷焼,桐,骨材,土木工事,経費削減,工事費削減,Petite Foret,フローティングキャンドル,ブラッサムキャンドル

土壌硬化剤、OEMミネラルウォーター、木工品、陶漆などを世界から、世界へ!

「言いたいのは山々」/2015-10-10

森林インストラクター資格試験の勉強法・林業編(35)・・・気候変動枠組み条約・18

それでは気候変動枠組条約(COP)の方はどうだったのでしょうか。
まず2009年のラクイラサミットとCOP15で「産業化前のレベルから世界の平均気温上昇が2℃を超えないようにすべき」という認識がなされたことを明確化したこと、アメリカと他の先進国との取り組みの公平化を検討する場の設定がなされました。

また、先進国と同様に途上国にも「低炭素開発戦略/計画」を作成することを要請し、緩和行動について自主的な登録に基づく排出量の把握と行動の分析により途上国の取り組みの明確化の仕組みづくりができたことから、先進国と行動を共にしていく場ができたことになります。

そのためには先進国側から途上国に向けて資金供与が重要ですが、仮の受託機関を世界銀行とする「グリーン気候基金」創設が決定されました。当面は短期資金(3年間)についてのみで長期資金については今後の検討課題となっています。



コメント


認証コード(0847)

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional